2017年09月14日

未来の雲の上の球児たち

8月19日(土)、20日(日)に高知県少年ソフトボール夏季大会が行われ
梼原ファイターズが4戦全勝で見事優勝しました。

1試合目は全国予選で敗れた好投手要する尾川子供会に3−1で勝利

2試合目は大月・宿毛連合と3−0で勝利しました。
この日はエース石川の好投により最小失点で切り抜けましたが、
打線は相手のミスがなければどちらに流れが行ったかわからない展開で
準決勝以降の試合は厳しくなると予想されました。

続く準決勝は東又ジュニアーズと対戦しました。
前日の試合後帰ってきてからのバッティング練習が功を奏したか、
先制を許すも打線がつながり6−2で勝利。

1503645316790.jpg

決勝戦は窪川ワイルドボーイズと対戦し、
打線は勢いそのままに猛打が炸裂し大量9得点。

1503559679885.jpg
2点を失うもライト山下のダイビングキャッチもあり反撃をくいとめ
県内大会最終戦で見事優勝をおさめました。

1503292566668.jpg

梼原高校野球部に負けない熱い戦いを魅せてくれた
未来の雲の上の球児に今後も期待です

1503275859183.jpg


人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとお願いします。
応援よろしくお願いします。


人気ブログランキング
posted by yusumori at 10:10| ニュース | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

雲の上の球児たち

第99回
全国高校野球選手権大会高知県予選
甲子園出場をかけた試合が7月26日(水)に春野球場で行われました。

相手は夏の甲子園8年連続出場を目指す【明徳義塾】

先攻    後攻
梼原高校VS明徳義塾

ここまでの4試合すべて完投してきたエース浅井の疲労が心配でしたが
初回から得点圏にランナーを背負うも、持ち前の粘りの投球でなんとか無失点で切り抜けます。

しかし、確実に得点圏に進めてくる明徳打線。
2回に1点を失い、3回に3ランを含む4点を奪われ5点差となるも、
梼原打線も積極的に打ち5回、6回に1点づつを返し、7回には1死満塁と責め立て一打同点・逆転のチャンスに梼原の応援団のボルテージは最高潮に。

しかし代わった明徳、市川投手に抑えられ1点を返すのみにとどまります。
続く8回、チャンスを広げるもあと1本が出ず、3−7で敗れ甲子園出場はなりませんでしたが、梼原高校野球部の姿に夢と希望と元気を貰いました。

この日は多くの町民が球場へ駆けつけ声援を送りました。
梼原での視聴率は過去最高を記録したとかしないとか・・・・。

野球部員の多くは他の市町村から梼原に来ていますが、
町内では元気良くあいさつをし、町の清掃活動や雪かきなど地域の活動に参加する子達を地域の誇り、地域の宝として多くの町民が地域の子として見守っています。

野球部設立から10年。
当初、甲子園は夢のまた夢だったのが、けっして雲の上のものではないと示してくれた球児達。これに続く後輩達が必ず甲子園への切符を勝ち取ってくれると信じています。

IMG_20170727_141854.jpg


人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとお願いします。
応援よろしくお願いします。


人気ブログランキング
posted by yusumori at 15:13| ニュース | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

梼原高校野球部ベスト4進出

第70回
春季四国地区高校野球高知県予選
ベスト4をかけた試合が

3月26日(日)に高知市営球場で行われました。

梼原高校 VS 高知工業

1回裏に5点を挙げて梼原が優位に試合を進めました。
試合中は時折小雨が降り肌寒い日でしたが、
梼原の厳しい寒さの中練習を積んだ部員達にはまったく問題なく
見事完封勝利で初のベスト4に進出しました。

まだまだ課題はあると思いますが、堂々とした試合運びに強さを感じました。

地方の高校では部員数が減少し部の存続が危ぶまれる中、
梼原高校へは県内各地から生徒が来て、部員数も増え練習も活気があります。
日曜日という事もあり、応援する保護者の方も多く駆けつけていました。
選抜に出場した中村高校のように、地元の高校が活躍すると地域が元気になります。

梼原高校野球部の礎を築いたOB達も応援に来ていました。
活躍する後輩達の姿を頼もしく思ったことでしょう。
次は準決勝!!さらなる飛躍に期待です。


人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとお願いします。
応援よろしくお願いします。


人気ブログランキング
posted by yusumori at 11:52| ニュース | 更新情報をチェックする